スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Efficiency + Effectiveness = Excellence 

こんにちは。
9月17日金曜日の日記です。

今日は学校を休んでLautokaに行ってきました。
Host sisterの学校行事を見るというのとLautoka校に行くというのが目的で。

学校行事というのは、その学校が今年で80周年記念ということで開かれたみたいです。
今日から日曜日にかけて行われるようですが、今日はParade(Comand?)でした。
生徒のマーチがひたすら2時間以上はやっていたと思います。
動きは揃っているし、真剣だし、とても印象的でした。
でもあの炎天下の中、長時間日に当たっていた生徒たち、
何だかかわいそうというか何というか・・・だってここはFiji。
日本の何倍も強い日差しです。

お昼休みを狙って、Lautoka校に潜入しました。先生みんなに会えて本当に良かった!!
私を見つけたときの表情や反応、素晴らしいよ。日本人は見習わないといけないね。
来週もう一度行きたいのだが、何しろお金がないから迷っている。・・・行きたい。
金甌日なのでこちらも卒業式がありました。やっぱLautokaがいいなって感じた。
だって皆が皆と近くってさ、楽しそうでさ、あの雰囲気に私は部外者なのに感動してしまった。
まあ自分のLautokaへの思い入れとか、今までのFiji生活の回想とかも関係してるんだろうけど。

Townはいつものようにぶらぶらと歩き回りました。今日初めて噂のチーズケーキに挑戦!!
でもサイズが予想以上に小さくて残念な思いをしました。
あとは古本を購入!!これがたったの2ドル。日本で頑張って読まなきゃ。

今日はすごく充実してたよ。
でも気付けばもう今回がFijiでの最後の週末。
あと一週間、悔いの残らないように過ごしたいと思います。

スポンサーサイト

Meet and spread, Separate and deepen.

Good morning!! How are you??
今日もフィジーについて書きます。
私の気分的にも表現力的にももしかしたら最後のフィジー記事です。

フィジーでは、悲しいお別れと最高の出会いを経験した。
心の底から会えてよかったと思う人がいっぱいいるし、
涙をこらえきれないほど辛いお別れもあった。

寮でのルームメイト、
何クラスにもわたるクラスメイト、
なぜか仲良くなったスクールメイト、
ホームステイファミリー、
学校の先生。

ルームメイトは全部で4人。
でも連絡が取れているのはそのうちたった1人。
数え切れないクラスメイト、スクールメイト。
まだフィジーにいる人、他の国で頑張っている人・・・
ホームステイファミリー相変わらず元気かな?
手紙&写真送らなきゃ。
先生ちゃんと教えてるかな?
メール送らなきゃ。

フィジーでは色んな人に会って、いかに人との出会いが大切かとい
う事を感じた。そして人との出会いから学ぶことがとても多かった。
何で~するんだろう・・・
何で~しないんだろう・・・
私とは全く違った考えの人や私の想像もしないような人がいた。
ちょっとしたカルチャーショックみたいだね。逆に、
どうしてそこまでできるの!?
この人深い!!
って思うこともあった。
知識が豊富な人、しっかりとした考えを持っている人。

こんな出会いを通して、将来自分が
どんな人になりたいか考える事ができた。

学校の先生もみんな優しくて、色んなことを知っていて
すごく勉強になったし、本当にいい関係を築けた。
ある先生とは一緒にバスケをして、
ある先生とは一緒に語って。

一番心に残っている先生の言葉は、
「Byeとは言わないわ。また会うのだからSee youよ。」

またフィジーに行きたい。

今まで私と出会ってくれた人、
これから私と出会ってくれる人、
最高の出会いをありがとう!!

I'm annoyed.

Hello.
At first...
このブログを見て下さっている方の中で私と知り合いだという方、
いや知り合いでなくてもコメント頂けるととても嬉しいです。
知り合いだという方は、名前もしくは誰であるかのヒントが
あるとよりありがたいです、というのも気になるので・・・笑

今日の内容は、フィジー本島一周の話。

私はフィジー本島を2周しました。
1回目は一人、2回目は友達と二人で。
ルートも南回りと北周りで。

<1周目>
もともとスバにだけ行くつもりでした。
そしてお金のない私、一人でヒッチハイクに挑戦!!
ナンディ→シンガトカ→コーラルコースト?→ラミ
結局スバに辿り着けず…
お巡りさんに保護され…
大使にお世話になり…
翌朝、同じ道をバスで帰るのはつまらないと思って、
予定していなかった逆方向からの帰宅、
要するに本島一周を強行!!
バスに乗ってるだけだったけど、
景色見ながら色々考えて、面白い時間だった。
日本じゃ考えられないような道、山奥に住んでいる人々。
これで私はかなり満足してしまった。

<2周目>
もともとはこの2周目のときに一人で1周する予定だったけど、
急に1周を達成してしまった。もう一人で1周してしまったから
誰かとどこかに行くのも悪くないかなとも思ったし、
その前にその友達には1周旅行に行くという話をしていたし。
これが私にとってのフィジーでの最初で最後の誰かとの旅。
最初にラウトカに向かうルートでまわりました。
ヒッチハイクとバスを使ってラキラキヘ。
ラキラキではホストファミリーの親戚に会えるかもということだったけど
会えず、お金がない私はモーテルに泊まれないということで、
村の人に泊めてもらいました。彼らの寛大さ、考え方はすごい。
宗教の影響なんだけど、宗教から遠い日本人として衝撃を受けた。
ラキラキからはバスでスバへ。確かこの日は日曜日で街は静か。
夕方くらいからずっとホテル(ドミトリー)に引きこもり。
次の日、USP(南太平洋大学)を見て、私の用事で大使館へ行き、
帰りはヒッチハイク。途中ナタンドラビーチで降りて、
家に戻ったのは7時だったか8時だったか。
2泊3日でまわって、いい思い出になりました。

どこか島に出かけて思いっきり旅行というのもいいけど、
こうやって日常空間の中を探検していくのも私はいいと思ってます。
日常に転がっている幸せを見つけられる瞬間だとも思うし。
色んなものを見ることで、自分の何かが変わっていく。

あ、でも危ない事をするのは良くないですね。
私自身に忠告しておこうと思います。。

今日はこれから日比谷公園で行われている国際関係のイベントに行きます。
いよいよ次の行き先を確定しようとしています。

そういえば昨日、弟とバッティングセンターに行きました。
See you!!

I must study English now.

Good morning everyone!!
帰国してから、全くといっていいほど勉強してません。
やばいです。折角勉強したのに忘れてしまう。
やっぱり環境ってすごく大事なんだなあと思います。

今日は、フィジーでの英語の勉強について。

フィジーでは、Free Bird Institute(←にリンク貼ってあります)
という語学学校に通っていました。この学校は日本の会社なので、
生徒はほとんどが日本人です。じゃあ全然勉強にならないのかというと
そんなことはありません。というのも、English Only Policyというルールに
より学校では英語しか話す事ができません。そして個人のレベル別に
クラスがlevel.1から7(Business class)に分けられます。

私は最初level.4でした。私は本当にペラペラになりたい!!
と思っていた(る)し本気で英語をやろうという思いだった。
来た当初から私の目標は、level.7(Business class)。
学校は8時から2時半まで。放課後は買い物行ったり何やかんやして、
夜8時から2時間くらい毎日自分で勉強。
休みの日は出かけもせずに6時間くらい勉強する日もあった。
まるで受験生のよう・・・

どのように勉強していたか。

・自分の単語帳を作る。
 初めて見た単語、分からなかった単語、
 日本語で思いついてこれ英語で何て言うんだろって調べた単語を
 発音記号つきで、意味も全て英語で書く。
 自作の英英辞典(アルファベット順ではない)です。

・毎日CDを聞く。
 TOEICの単語集についてるCDや、学校の教科書のCD、
 友達にもらった洋楽データを最低どれか一つ毎日聞いていました。
 何も見ないで聞くのとscriptを見て聞くのと両方やった。

・音読をする。
 TOEICの単語集や教科書などを声に出して読む。
 ゆっくりでいいから心をこめて、発音に注意して。

・問題集をやる。
 文法はNext Stageというものを持っていきました。
 あとホストシスターが去年使っていた英語の教科書もやらせてもらいました。

・映画を見る。
 ホストファミリーに借りた1つのDVDを何度も見ました。

・日記を書く。
 毎日英語で日記を書いています。
 ついでに一日一個英語のことわざも辞書で調べて書いています。

・授業を最大限利用する。
 授業中に出た課題はパパッとやる。待ち時間が出来たら単語帳づくりや問題集。
 Speakingの時間は喋り捲る。思いついた事はどんどん言う。
 自分が英語を伸ばしたいのだからうるさいと思われたっていい。
 (迷惑をかけるのはだめですが。)
 もともと口数の少ない私ですが、フィジーにいる間はかなりお喋りだった気が。

そんな風に毎日勉強していくと、授業の進みが遅いとか、クラスメートの語彙量が
少ないとか感じるようになってくる。その時がlevel upをすべき時。
この学校ではlevel upのルールもあります。テストを受けて点が足りればlevel up。
あとは学期の終わりに翌学期の希望レベルを申請して、
学期末テスト等の結果次第でlevel upすることが可能です。

私はこのlevel upを3回しました。テスト前は普通の日以上に激しく(!?)勉強。
初めlevel.4にいた私ですが、最終的にlevel.7で卒業する事ができました。
最初フィジアンやインディアンの英語すらまともに聞き取る事ができず・・・
昔の日記を見るとありえない文法の間違いだらけ・・・
まだまだネイティブの英語は聞き取れないし、日記でも間違えるけど、
確かにこの半年で、私の英語力は伸びたと思う。

私はフィジーにいる間、日本語を書くとも邦楽を聴くこともしなかった。
他の人からしたら厳しすぎるかもしれないけど、私にとっては当たり前。
メッセージとか本当に必要なときは日本語書いたけど、ノートは全部英語。
まもともと日本にいても音楽とかは聴かないしね。

自分の成長がはっきりと手に取るように分かったので、勉強は楽しかった。
これからさらに高い英語力を身に付けるためにも、
英語の勉強を続けて生きたいと思います。

英語を勉強しているみなさん、一緒に頑張りましょう!!

I'm looking forward to my future.


Hi!!
I'd like to review my Fiji life, yesterday as well.
Before that...

昨日JICAの募集説明会に行ってきました。
昔から興味はあったし募集等については既に知っていたので、
今回特に大きな影響を受けたりはしませんでした。
ただ、実務経験を求められていない要請が教師の職種にあるのを
発見し、大学卒業後に挑戦してみようかなあという気になりました。

会場は帰国後初の新宿。
行きの電車で疲れてしまい、
建物の高さと多さに圧倒され、
人の多さに嫌気が差し、
私は日本で暮らせるの?笑

ではここからフィジーの話。

フィジーは発展途上国です。
地域、国規模で停電があります。
水道水が白い時も断水の時もあります。
暑いけど一般家庭にクーラーはない。
お店は夕方で閉店します。
日没後は暗くて歩けません。
日本と比べれば不便さなんて一目瞭然。

でも、日本と比べて何倍も、何十倍も人々は豊かな心を持っていた。
時間に振り回されず、リラックスして日々を過ごし、
ちょっとしたことでも面白ければ大口開けて笑い、
突然お家にお邪魔しても温かく受け入れてくれる。

日本で、道端で大声で喋って笑ってる人なんてそんないないじゃん。
日々の生活に憂えず、家族や友達を大事にして楽しく生きる。
これが生きる上で大切な事だと思う。そこのあなた、忘れていませんか?
お金も大事だけど、お金は「1番大事なもの」にはなりえない。
日常に転がっている何かを、時間をかけて見つけられればいい。

これを日本で実行するのは環境上難しいけれど、
自分の身近なところから幸せを広めていきたい。

振り返ることがいっぱいありすぎる・・・
根気よく毎日書いていきたいと思う。
Thank you for reading!!
プロフィール

元留学生起業家

Author:元留学生起業家
昔々、ちょっとだけ留学生起業家を目指していた時期がありました。
このブログは主にフィジーとインドに行った時の記録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。