FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学

 こんばんは。
今日は、私の留学について記したいと思います。
しかしすぐに疲れてしまうと思うので、続編も書く事になりそうです・・・

留学について大まかに、
①願望
②行動
③決断
④準備
⑤生活
⑥その後
を書いていきます(⑤と⑥はまだまだ先の話)。

では、始めます!

①留学への願望
 私が最初に留学に憧れを抱き始めたのは、多分…中学生時代。
中学生の時点で、「一生のうちに日本一周・世界一周の旅をしたい」と。
その前に小学1年生で、自ら「英語を習いたい」と親に言って
英会話スクール?に通わせてもらいました。4年生で辞めましたけど(汗
 高校生の時は、「高校は普通でいいや(普通って何?)」という考えで部活や学校行事に夢中に。
それでも近い将来、できれば大学生の間に留学したいという気持ち、というか、
大学生になったら留学すると心のどこかで決めていたみたいで、入学前には自分の日記に
大学入ったら○○する!××したい!・・・そして留学!って感じでやることの1つとして書いてた。
 そして大学入学。私は部活に入ったんですが、これがまたガチ部活で忙しい。
で、まー部活やりながらもバイトして、地味に留学資金を貯めました。たった1~2年ですが。
2年生になってから1~2ヶ月経った頃、留学への思いはひたすら募るばかり。
休学して海外経験したっていう先輩の話を聞いて、「行きたい」「今しかない」って思った。

②留学の為の行動
 「行きたい」「今しかない」って思ってからは、とりあえず情報収集。
1年生の時には大学の交換留学の説明会に行ったり、某留学会社に資料請求したり。
その時に、留学にはいくら必要なのかとかも考え始めた。
2年生でも交換留学の資料もらったり(年度が改まったので再び)、
1年の時とは別の留学会社×2に資料請求したり。
その会社のうちの1つとは電話で話して・・・
まずはそこまでで一段落。

③留学に行く決断
 私が完全に行くと決断したのは、去年の12月。出発は4月だし、結構ぎりぎり;
決断が遅くなった理由は、部活。やっぱり好きでやっていて素晴らしすぎる仲間、
先輩後輩に囲まれていて。留学と引き換えにその人たちとの時間は失われるわけで。
悩んだ挙句、「やらないで後悔するより、やって後悔したい。」
「やってみなきゃわからない。」という精神のもと、決断に至る。
(6~9月の段階で、なんとなくは決めていたけど最終決定にはたどり着いていなかった)
部活の皆には1月頭までのシーズンが終わってから報告しました。

④留学を前に準備
 留学準備は、申し込み→入金①→パスポート申請→保険申し込み→ビザ申請書類取り揃え→入金②
という流れで、あとは荷物を揃えるのみです。私の場合、12月中に申し込む方がお得!
な状況だったので、決断から入金までがめっちゃドタバタギリギリでした;
年が明けてからパスポート申請に行き(実は初海外です)、保険やビザ申請書類は期限を見ながら
マイペースで進めました。この時面倒だったのは「戸籍」で、現住所と本籍地が遠く
郵送でもらう形だったので少々時間がかかりました。そして、入金ですが大学入ってからの
バイト代と大学入学前のお年玉etc.の貯金がぶっ飛んでいきました;
そのため、2~3月はそれなりにバイトに励んでいます。
勉強の意をこめて、1月のTOEIC受けました。大学の後期の試験期間と思いっきり被り明らかに
勉強不足でしたが、予想外の高得点(初受験の私にとって)でした。
ひとつ自信?にもなり意欲もわき、受験してよかったと思っています。
留学後にも受けて、自分の成長度を計りたいと思います。

①~④についてはこんな感じです。
気が向いたり、人に聞かれたりしたらそれぞれの項目について、
また詳しく書くことがあるかもしれないです?

出発まであと2週間を切っていますがまだまだ実感がありません!>_<
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

羨ましいなぁ…。(´・ω・`)


幼い時からしっかりとした考えをお持ちだったんですね。貴方ならきっと良い留学経験をなさることでしょう。お体には気をつけて。
プロフィール

元留学生起業家

Author:元留学生起業家
昔々、ちょっとだけ留学生起業家を目指していた時期がありました。
このブログは主にフィジーとインドに行った時の記録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。